冬の朝に飲みたいホットアーモンドミルク

よかったらシェアお願いします m(_ _ )m

スポンサーリンク

中学校に上がるまで150cmもなかったロカボパパです。どうもです。

小さい頃は背が低かったため、毎朝牛乳を飲んで、お昼もあまった牛乳をもらい、飲んでました。その結果、今となっては日本人の平均身長くらいはあるパパちゃんですが、その習慣があったせいか、今でも牛乳が常に冷蔵庫にあって、何かとコーヒーにちょっと足したり、コップ一杯飲んだりするのが続いています。まぁ子供たちがいるので、子供たちが飲むことが多いんですけどね。

最近はそれが豆乳に代わったりしてきてますが、豆乳もちょっと飽き気味。そんな中、結構いけるんじゃね?しかもロカボじゃんって思う商品に出会ったので、ここで紹介。

それがこのアーモンドミルク

アーモンドブリーズのアーモンドミルク

いや、なんにも新しくない。アーモンドミルクなんて、ずいぶん前からグリコのアーモンド効果をはじめ、各社からも出てるし、もうコンビニでもスーパーにも売ってるし、普通…、なんだけど、なぜ記事にするくらいアーモンドミルク推しなんかというと、パッケージみて気づきましたか?

砂糖不使用のアーモンドミルク

そう、砂糖不使用なんですよ!

砂糖不使用のアーモンドミルク

アーモンドミルクは飲みやすくするためにも結構あまく仕上げてあったりするんですよね。アーモンド自体は好きなので、僕はアーモンドミルクも好きなんだけど、結構糖質量が多かったりする。

それが砂糖不使用だったら、これは牛乳以上にゴクゴク飲めるじゃんっと。

恒例のウラ面成分チェックです。

アーモンドミルク 成分

アーモンドミルク糖質量は200mlあたり、脅威の2.0g

牛乳には約10gの糖質量が含まれているので、アーモンドミルクはその1/5!ロカボをする上ではそこまで気にする必要はないけど、カロリーも28kcal、脂質もなんと2.0g。これはいい!

販売元は、豆乳を中心としたロカボ製品を多く扱っているあのマルサンアイ。そこがアーモンド・ブリーズを作っているブルーダイヤモンド グロワーズ社と提携することによって、国産の文字にあるとおり、国内製造しているのです。

アーモンドミルクの効果

もうみなさんお分かりのとおり、アーモンドはスーパーフードの代名詞。細かく説明はしないけど、アーモンドの効果は以下のとおり。

  • 老化防止、アンチエイジングに効果のあるビタミンEがたくさん含まれている。
    これは特に抗酸化作用がビタミンEにはあるため、細胞の酸化を防ぐから。口内炎ができたときによくビタミンEのサプリを飲みますが、それと同じですね。肌荒れにもビタミンEは効果があります。
  • お通じをよくする食物繊維がたっぷり
    食物繊維がごぼうの約2倍あると言われ、お通じにもよい。しかもアーモンドに含まれる食物繊維の80%が不溶性食物繊維なので、水に溶けずに腸にとどまるため、油分の吸収を抑え、腹持ちがよいので満腹感も得られます。
  • 善玉オレイン酸の力
    体内環境を整え、悪玉コレステロールを減らして生活習慣病の予防効果も期待できるといわれている。また肌をきれいに保ってくれる効果もあります。

アーモンドについてはこちらにも書いているのでご参考を。

ロカボによいミックスナッツの選び方
ロカボによいミックスナッツの選び方
ナッツ愛好家のロカボパパです。 以前書いたロカボナッツのレビューが好評だったので、それに続いて、今回は糖質制限やロ...

アーモンドミルクに話を戻すとなにがいいかというと、個人的には次のところがお気に入り。

  • 意外とカルシウムがある
    カルシウムと言えば、冒頭にも書いたとおり1に牛乳、2に牛乳と言われてましたが、アーモンドミルクも結構あるじゃんと。200mlあたりのカルシウム量は149mgも含まれています。
  • カロリー/脂質が低め
    これも意外なんですが、濃厚な感じのアーモンドミルクですが、カロリーは砂糖不使用の商品で28kcal、脂質は2.0gとほんとに低い。
    ロカボではカロリーや脂質を気にする必要はないのですが、取りすぎはなんでも身体にはよくない。そう思うとカロリーや脂質の低さも優れています。
  • 牛乳と違ってお腹がゆるくならない
    僕は中学時代から散々牛乳を飲んできているので関係ないですが、牛乳飲むとお腹が緩む人、いますよね。アーモンドミルクの場合は、そもそも乳製品ではないので、乳糖により牛乳特有のお腹がゆるくなるということもない。

そのほか、今回買ってみたアーモンド・ブリーズの場合は、保存料も含まれておらず、そういう安全面でも安心して飲めるところがお気に入り。(アーモンド・ブリーズ よくあるご質問

朝に飲みたいホットアーモンドミルク

ということで、この寒い季節、朝に飲むドリンクとして、ホットミルクに代わり、ホットアーモンドミルクにハマってます。

ホットアーモンドミルク

アーモンドミルクをカップに入れて、電子レンジに入れてチンするだけという簡単なものですが、体も心もほっとします。

アーモンドミルク

冷たいアーモンドミルクそのままでももちろんいけます。

img_9426

こんな感じでホットコーヒーにアーモンドミルクを入れて、ホットアーモンドカフェオレにもできます。ホットコーヒーにちょい足しでアーモンドミルクを入れるだけ。

ちょっと苦いなとか甘みが欲しいなと思ったときは、パルスィートを小さじ一杯入れるのもよいでしょう。小さじ一杯で子供も飲めるくらいあまくなって、より一層アーモンドの香りが引き立つ美味しいホットミルクになります。

他にもアーモンドミルクを使ったさまざまなレシピが各社のサイトに載っているのでぜひみなさんもお試しあれ。

僕はこの週末、子供のお昼にパンケーキを作った際に、グリコが出しているアーモンド効果のウェブサイトに掲載のSHIORIさんのレシピを参考に、アーモンドミルクソースを作ってみました。よくハワイアンパンケーキにあるようなあの白いソースです。

ちょっとコーンスターチが多かったせいか、アーモンドミルクソースの粘度が強くなってしまいました…。味は美味しくできましたが、ちょっと見た目が失敗してしまったので、またチャレンジしたいと思います。

アーモンドミルクソースパンケーキ

グリコのアーモンド効果にも実は砂糖不使用の商品があります。こちらも200mlあたり、糖質 2.1gに抑えられています。いずれもオススメ。

筑波乳業の「濃いアーモンドミルク」なんて商品もあります。

こちらも砂糖不使用商品があります。各社さまざまな砂糖不使用のアーモンドミルクを扱っているので、比較してみてもよいかもしれません!みなさんにあったアーモンドミルクが見つかりますように☆

今日はこんなところで。せば、まんず。