鳥貴族 赤坂一ツ木通り店レポ、からの二軒はしごの巻

よかったらシェアお願いします m(_ _ )m

スポンサーリンク

鳥貴族のロゴ

とある平日の夜、仕事が終わりそうな夜10時前、赤坂見附で勤務する友人から連絡が入る。

「鳥貴族が赤坂見附にもできたから、今日行かない?」

そう、彼も糖質制限を実施しているパパダイエッター。糖質制限に関しては私よりももっと意識が高く、半年近くで75キロから65キロに減量を成功させたツワモノ。(身長175cmくらい)

ただし筋トレや運動といったことは一切しない。まぁそこが逆に徹底してていいんですけどね。今はその体重を維持するために、糖質制限を続けているんだとか。

そんな友人、実は鳥貴族に行ったことがなく、随分前から自分が「糖質制限やるなら飲む場所限られるでしょう。鳥貴族オススメっすよー。見附にないのかなぁ」とレコメンしていたのだ。

そして、やっと9月某日、赤坂見附にも鳥貴族がオープンし、行ってみようということになったのだ。

鳥貴族 赤坂一ツ木通り店 レポート

ということで、今回はその鳥貴族の赤坂見附店をさくっとレポート。性格手には赤坂非一ツ木通り店というらしい。

オープンは鳥貴族のウェブサイトによれば8/30とのこと。オープン予定や新規オープンのお店を確認できるが、1ヶ月あたり3~4店、新規オープンしているなぁ。

駅から2分の好立地

入店は9月の木曜日、夜10時頃。場所は赤坂見附の駅、ビックカメラ出口を「俺のイタリアン」のある通りを北上し、美味しいケーキ屋の「しろたえ」の通り、3階にあります。


東京都港区赤坂4-2-2 赤坂鳳月堂本店ビル 3階

店内をのぞくと夜の回転が1、2巡したせいか、カウンターに関しては、すっと入れた。カウンター以外のテーブルは満席。都内の渋谷や新宿あたりだと、夜7時を過ぎたあたりから並び始めて、常に5組ほど待っていたり、10時を超えても満席ということがよくあるので、時間的にカウンターだけでも空いていたのはラッキーだったかな。

お店情報

そのほかのお店の情報。

[table id=1 /]

※鳥貴族のウェブサイトより抜粋

座席数がこの立地ながら結構あるなぁ。だからこそ、カウンターにあの時間でも並ばずには入れたのか。

1. ビールと定番メニューからスタート

まずは、生ビールともも鳥貴族(たれ)からスタート。スーパー糖質制限、または意識高めの方は、ハイボール+もも鳥貴族(塩)からぜひスタートしてください。(焼き鳥のたれはお砂糖入っているため。)

鳥貴族 定番焼き鳥メニュー もも鳥貴族定番メニュー

焼き鳥ってここ数年、塩で食べるのが流行りというか洒落乙だし、さっぱりいただけてそれはそれでいいんですが、個人的にたれで食べるスタイルにまた戻りつつあります。三角(ぼんじり)、せせり、砂ずり(砂肝)あたりは塩がうまいんですが、特にももと皮に関しては、タレがいいんですよね~。

まぁその辺はまた今度話すとして、とりあえず生ともも鳥貴族。

ザ・プレミアム・モルツ(中)  もも貴族焼(たれ)
これですね。

2. その後も食べたいものを頼む

鳥貴族 定番メニュー左からチキン南蛮、もも鳥貴族(たれ)、かわたれ、もも貴族焼(塩)

鳥貴族 砂肝 三角(ぼんじり)砂ずり(砂肝) 三角(ぼんじり)

もも貴族焼(塩)と牛串たれ焼(ガーリック入)もも貴族焼(塩)と牛串たれ焼(ガーリック入)

といった風に、生ビールとハイボールを間にいれつつ、焼き鳥を中心にいろいろなメニューを頼みました。最後はピーマン肉詰でフィニッシュ。

食事については、そこは鳥貴族。いつも行っているお店と特に違いはなく、安定のボリューム、味でした。そこはいいね!どこのトリキに行っても期待を裏切らない感じ。そしてチェーン店の安心感がそこにあります。

ホール接客など

赤坂一ツ木通り店に関して言うと、ホールの人数は、新規オープンっていうのもあったのか、座席が100席以上あるからか、結構大目でした。5人はうろうろしていたような。

そして、店員さんは見たところ、1人を除いて厨房もホールもアジア系のスタッフで占めていました。アジア人とはいえ、おそらく見た感じタイやベトナムなどの東南アジア系が多かったかな。外国人のホールスタッフとはいえ、どの子もみんな一生懸命でテキパキやっていたので、特に問題もなく、気持ちよい印象を持ちました。

友人の終電の時間もあり、滞在時間1時間ちょっと。
さっとお会計を済ませようとカードを提示しましたが、カードでの支払い方法がわからないのか、うまくいかない問題が発生し、日本人のマネージャーらしき女の子がフォローする一幕もありましたが、なんとか友人も終電に間に合い、赤坂一ツ木通り店での時間は終了。

お会計は3,000円以下!

お互い糖質制限をしているため、いわゆるご飯ものなり麺類は頼まなかったので、基本頼んだものは、お酒と焼き鳥と逸品料理。

お酒: 生ビールとハイボール、一人4杯ほど。

焼き鳥:もも(たれ)、もも(塩)、かわたれ、三角(ぼんじり)、牛串たれ、砂ずり、せせり、ピーマン肉詰

逸品料理:チキン南蛮、※焼きとり屋のとりコロッケ

ドリンク合わせて20品弱もオーダーしましたが、一人あたり2,500円!これでお酒も飲めて普通に満腹になりました。。

※焼きとり屋のとりコロッケ、とり沢山入ってるかなと思ってたけど、そこまででもなく普通のコロッケって感じ。しくじった…。

そして鳥貴族2軒目 はしご

帰宅途中の電車の中で、仲良くさせてもらっている地元の保育園のパパ友LINEに連絡。赤坂にて4杯ほど飲んでいい感じだったにもかかわらず、パパ友ももうすぐで地元の駅に着くということで、じゃぁ軽く行きましょうか!ということに。

LINEにて

「さっき赤坂のトリキ行きましたが、軽くどうすか?」

パパ友「いいよー。じゃぁ境のトリキにしようか。(笑)」

という感じで、赤坂見附の鳥貴族を出た1時間後に鳥貴族武蔵境店に座るという。

image鳥貴族 第160号 武蔵境店

[table id=2 /]

160号ということは比較的早くからあるお店なのか。ここは武蔵境駅北口すぐ目の前にあります。保育園のパパ会でも鳥貴族は利用したこともあり、個別にも何度かパパ友と一緒に飲む定番スポット。鳥貴族の店舗の中では一番来店してる店舗だと思います。

ちなみにパパ会で実施したのは28とりパーティ

https://i2.wp.com/www.torikizoku.co.jp/images/top/mv_28tori.jpg?w=680&ssl=1

鳥、にわとり、28(にわ)とりだけに、8名以上の予約で2時間食べ放題・飲み放題のパーティプラン。これはものすごいお得でした。この話はまた今度詳しくしたいと思います。

二次会としての鳥貴族

赤坂見附のトリキにてすでにお腹いっぱいになっているので、武蔵境店ではほんとに軽めに飲みだけ。そういった2次会用の飲み屋としても十分使えるのが鳥貴族の魅力。

パパ友二人と飲んだ武蔵境店では、生ビール → 響ハイボールx2 → 沖縄パインソーダ割りの3杯とちょっとしたつまみとして、焼き鳥をオーダーしてフィニッシュ!

1時間半飲んで、一人1,500円ほどで軽めの二次会は終了。

鳥貴族を2軒はしごするのは初めての経験だったけど、意外と飽きずにいけるやん!というのが率直な感想。

飲み物の種類が豊富な上、メニューも焼き鳥以外にもちょっとした一品モノだったり、ご飯ものも充実しているのが二次会としても使える理由なのかなぁっと思います。

ということで鳥貴族の回し者ではないですが、糖質制限している方の飲み会は、1次会でも2次会でも鳥貴族にぜひ!