レモンジンジャー香るロカボ麺 – 低糖質麺 ローカーボヌードル やわらか蒸し鶏のレモンジンジャースープ

よかったらシェアお願いします m(_ _ )m

スポンサーリンク

どうも、ロカボパパです。

今日は新たなロカボ麺、低糖質麺を取り上げたいと思います。その名も「明星 低糖質麺ローカーボ ヌードル やわらか蒸し鶏のレモンジンジャースープ」です。

はい、こちらですね!糖質はわずか13.7gカロリーも182kcalと少な目です。一般的なカップラーメンが50gくらい、日清のカップヌードルで約45gなので、かなり低い糖質量というのがわかるでしょう。

今回はこのサッパリ感満載のローカーボ ヌードル レモンジンジャーの方を箱買いしてみたので、みなさんにレビューをお届けしたいと思います。

ローカーボ ヌードル レモンジンジャースープ

ドーン!

1箱で12個入りです!カップ自体、大きくないというか、日清のカップヌードルくらいの大きさなので、そこまで箱買いしようが、かさばりません。

今までちょっと小腹が空いた時には同じく明星の低糖質麺、「はじめ屋」なんかを食べることが多かったんだけど、太麺タイプでこってり味。それをカラダと心が求めるときはいいんだけど、ちょっとした小腹を満たしたいな、さっぱりと食べたいなって時の代替品を探し求めてました。

低糖質麺 はじめ屋これが「低糖質麺 はじめ屋」の方ですね。こってり醤油豚骨味!と、がっつり食べたいときには重宝する商品。

では詳しくレビューしていきましょう。

ローカーボ ヌードル レモンジンジャー パッケージチェック

ということで、ローカーボヌードル レモンジンジャースープのパッケージチェックです。

先走って蓋を空けてお湯を入れてしまいましたが、こんな感じ。明星のブランドロゴもここではMYOJOと英字に、しかも可愛らしいフォントになってます。

そして、しっかり一食あたりの糖質量が13.7gと明記されてますね。

ローカーボ ヌードル レモンジンジャー 原材料

続いてパッケージ側面。原材料名を見てみましょう。

麺のところには、(小麦粉、植物性たんぱく、植物油脂、卵粉、しょうゆ…)と続きます。この植物性たん白ってのが気になったので調べてみると、日本植物蛋白食品協会のサイトにこのように載ってました。

植物性たん白」とは、食品業界では、大豆や小麦を原料として、それに含まれる「蛋白質」を独自の製法により抽出し、主として、食品の素材として使われるものを言います。 現在製品として大豆系は粉末、粒状、繊維状、小麦系は粉末、粒状・ペースト状(冷凍品)があります。
引用:http://www.protein.or.jp/protein.html

この低糖質麺シリーズ、大豆特有の臭みなどは感じられなかったため、おそらくは小麦タンパクかなと思います。この小麦タンパク、自分もAmazonにてポチっていろいろお好み焼きとかパンケーキに使ったりしてますが、なかなか慣れないと難しい…。

どうしても小麦と同じ扱いをしてしまうと、お好み焼きであれパンケーキであれうまくいかなかったので、水の量だったり、焼き方などは工夫が必要な商品。もう少し小麦タンパクを使った低糖質レシピがたまったら、お披露目しましょう!

話は成分に戻りますが、この(おそらく)使っているであろう小麦粉にプラスして、小麦たん白が糖質量を抑えるために重要な役割を担っているのは間違いなしって感じでしょうか。

また後程紹介しますが、成分表示に食物繊維が16.9g含まれてます。これはおそらく原材料名でいうところの難消化性デキストリンの力でしょう。食べてもさらに消化しにくく、糖質や脂質が吸収されにくい効果をもたらすため、食べても罪悪感を感じずに堪能できそうです。

ローカーボ ヌードル レモンジンジャー 栄養成分表

続いて、成分表示を見てみると、以下の通り。

・エネルギー:182kcal
・たん白質:9.2g
・脂質:7.1g
・糖質:13.7g
・食物繊維:16.9g
・ナトリウム:1.0g

糖質量もさることながら、先ほど書いたように食物繊維が16.9gも含まれてます。表に書いているようにこの16.9g、レタス5個分にも相当するそうで、レタスむしゃむしゃ食べるより、全然効率がいいです。

ローカーボ ヌードル レモンジンジャー 作り方

作り方ってタイトルにしてますが、はい、お湯を注ぐだけですね。麺が細い分、「はじめ屋」では5分待たなきゃいけないところを、3分待つのみ!出来上がりも早いです。

3分たった後がこんな感じ。内側のラインまでお湯を入れても、3分後にはスープが隠れてしまい、結構麺をお湯が吸っちゃってるなという印象を持ちます。

ローカーボ ヌードル レモンジンジャー 実食

ということで実食。よく混ぜて、麺を持ち上げた感じがこちらの写真です。

そこにスープがちらっと見えるのが分かると思います。

実食の結果としては、「買い」の一品でしょう。

ただし!ちょっとね、美味しく食べるには工夫が必要かなと感じました。それも含めて採点していきます。

★★★★☆ の星4つ! 

正直3.5くらいですが、★で表すことができないのと、期待も込めて、星4つにしちゃいます。

良かった点!

  • さっぱり食べたいときの需要を満たしてくれる商品、しかもカップラーメンという分野でこれを満たす商品がなかった。
  • 分量、味、ともにちょうどいい!
  • 糖質量はカップラーメンにおいては最少クラスの13.7g、しかも食物繊維まで含まれているというおまけつき。
  • レモンジンジャーの香りがちゃんとしてて、これは寒い冬だけでなく、夏でも食べれるさっぱりラーメンとなってる点。

次に改善点!

  • 味が薄い…。塩加減がちょっとなさすぎです。
  • やわらか蒸し鶏、あれ、入ってたっけ?印象薄…。
  • (好みにもよるけど)ちょっと麺が柔らかすぎなので、工夫が必要。

ということで、カップラーメンというお湯を注ぐだけのレシピだからこそ、実は上記の改善点を工夫次第で解決できるので、みなさんにも覚えてもらいたいのが以下の点。

  • お湯はカップの内側の線より少し大目に入れるべし!
  • 固めの麺が好きな人は、3分待たずに2分、もしくは1分半で食べ始めるべし!(そこはお好みで理想の堅さを見つけましょう。)
  • 味が非常に薄く、レモンの酸味が際立って感じてしまうため、塩コショウなどで味を調えるべし!特に個人的におすすめが、クレイジーソルトです。レモンとクレイジーソルトのハーブ類が合いますので、ただ塩気を強くするだけでなく、味もまとまってよいです。

ということで、今回は、箱買いした「ローカーボ ヌードル やわらか蒸し鶏のレモンジンジャースープ」のレビューをお届けしました。

食える食えないのレベルではなく、また絶対食べる機会が訪れるロカバー、ゆる糖質制限やってる人には、必須アイテムと言えるので、箱買いとはいえ、すぐになくなりそうです…。

このレモンジンジャーの方を食べつくす前に、実はもう1種類あるこちらの「マッシュルームのオニオンコンソメスープ」の方を試してみたいと思ってます。こちらも買って食べたらレビューするので、ぜひそれまでお待ちを!

せば、まんず~。