唐揚げがマジ美味い!しかも食べ放題! さがみの唐揚げランチ – 青山・赤坂のロカボ・糖質制限ランチ

よかったらシェアお願いします m(_ _ )m

スポンサーリンク

どうも、ロカボパパです。

しばらくランチの更新を滞っていたので、ここで一発、勤務地である青山界隈でおすすめのロカボランチを紹介。

今日は「さがみ 青山店」です。「さがみ」は株式会社サガミチェーンが経営するブランドの一つ。サガミチェーンは他にも郊外にお店が多くある「味の民芸」をはじめ、うどんや蕎麦、和食チェーンなどの複数のお店を展開している会社。

さがみ青山店(画像:http://www.sagami.co.jp/aoyama/)

ここ、「さがみ 青山店」の中で紹介したいのが、この唐揚げランチ!

なんとこの唐揚げランチ、から揚げがおかわり自由なんですね!その他、ご飯、キャベツなどもおかわり自由となっており、わんぱく、食いしん坊さんには重宝するお店なんです。しかもこれが900円+税という値段!

メニューにある通り、おかわり自由の食べ放題な上に、毎度毎度揚げたてを楽しめるというのが最高なんです。

唐揚げランチの紹介の前に、閑話休題。この唐揚げランチ以外にも、「さがみ 青山店」ではこんなメニューも扱っております。

定番のおそばと丼もののセット。蕎麦、そして天ぷらなんかはサガミチェーンの定番メニューとも言えるでしょう。頼んだことないけど(笑) お蕎麦は十割蕎麦なので、体にも良さそうです。実際唐揚げランチのお蕎麦もとてもおいしく蕎麦の風味が存分に感じられます。

そしてちょっと変わり種メニューも。

そうなんです、台湾ラーメンもあります。なぜか「名古屋名物」の文字が。気になって調べてみると、台湾ラーメンは名古屋めしの一つらしく、名古屋発祥のご当地メニューのようです。

台湾ラーメン(たいわんラーメン)は、主に中京圏の中華料理店・台湾料理店にて供されるラーメンの一種である。豚挽き肉・ニラ・長ねぎ・モヤシなどをトウガラシで辛く味付けして炒め、醤油ベースのスープを加えて茹でた麺にかけたもので、ニンニクをたくさん入れるのも特徴の一つ。愛知県名古屋市がその発祥で、名古屋めしの一種とされる。だが、台湾には台湾ラーメンがない。
引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3

そしてそれ以外にも、味噌カツ丼セットなど名古屋のご当地メニューが沢山揃っているのですが、調べてみるとその理由が分かりました。

おかげさまで現在「サガミ」は、そば、みそ煮込のチェーン店として中部地区最大規模にまで成長することができました。そして、これからも街の風土や暮らし、 味覚の志向を組み入れ、ひとつひとつの地域に、より深く根づいていきたいと考えています。各地域のオリジナルメニュー提案をはじめ、日本の伝統を基盤にし た新しい食文化を毎日の生活の中に創造していくため、今後もさらなる展開を図っていきます。

引用:http://www.sagami.co.jp/sagami/

元々サガミチェーンは、1970年 3月に名古屋市中村区大門町で設立。そこから中京地区で売上げをのばし、飲食店を吸収するなどして大きく成長していった背景があったのですね~。

もうすでに10回以上足を運んでいましたが、それは知りませんでした。ロカボ、ゆるい糖質制限をしている関係でなかなか台湾ラーメンに惹かれつつ、唐揚げランチ以外のメニューは頼んだことがなかったのですが、そんな背景を知りつつ、ちょっと食べたくなりました。

ということで唐揚げランチに話を戻しつつ、注文した唐揚げランチが着丼しました。

左上に例の唐揚げが最初は5個ついてきます。唐揚げの下にはキャベツが敷いてあり、適度に余分な脂分を吸い取る役割も担ってます。それにお蕎麦(冷たい蕎麦か温かい蕎麦かを選べる。)があるというシンプルなセット。

「ご飯がないじゃん!」と言いたくなりますが、こちらのお店、ご飯はセルフサービスで、温かいお茶碗に自分でお好みの量のご飯を盛るというスタイル。

自分は糖質を控えめにしているので、おかわり自由の唐揚げとお蕎麦が基本のセットです。お蕎麦ももちろん糖質が含まれてますが、そこまで多くはないので、お蕎麦はいただくようにしています。

そして、この唐揚げですが、真ん中に沿えてあるコショウを付けて食べるのがさがみ流。ちょんちょんとコショウを付けて食べてみてください。

唐揚げ自体には味が結構しっかりついているので、レモンを絞ってコショウを付けるとちょうどよいスパイシーさが広がり、何とも言えない幸福感に包まれます(笑)

ただ、コショウだけではさすがにいくら揚げたての唐揚げでも飽きてしまうため、マヨネーズをお願いしたところ、小皿にマヨネーズを入れて持ってきてくれました。ロカバーのニーズにも応えてくれる良心的なお店ですね。(ちなみのこのマヨネーズもおかわりできました。)

そして、食べ放題の唐揚げ、サクッと5個をたいらげたので、早速おかわりをしてみました。同僚と来ていたこともあり、同僚の分も合わせて10個ほど、頼みました。

唐揚げをお代わりする際は、「何個でしょうか?」と聞かれるので、食べたい個数、食べれる個数を店員さんに伝えましょう。

実際にこんな感じでおかわり唐揚げが来ました。

この唐揚げ、オーダーしてから2分とかそんなもんですぐに来ます。しかもこれ、初回の注文時も含めて毎度毎度揚げたてなんですよね。そこがほんとにすばらしい。食べ放題、ビュッフェというと大量に揚げた唐揚げや揚げ物が大きなバットや器に載って自分で取って食べるのが主流ですが、もうそういう唐揚げって冷たかったり、揚げたてじゃない分、脂がギトっとなっていたりと美味しくないことが多いこと多いこと…。

食べ放題、ビュッフェランチの問題点の一つとして揚げ物が冷たいって致命傷だったりするのですが、ここ「さがみ」に関しては、そんなことはありません。

繰り返しますが、メニューにも「揚げたての唐揚げを存分にお楽しみください。」と明言してますからね。冷たいことなんて一度もなく、しかもいつ行ってもサクサクの美味い唐揚げを提供してくれます。

蕎麦、うどんやてんぷらなどの和定食がメインのサガミチェーンなんですが、この「さがみ」の唐揚げは正直それ以上に美味い!というのが特徴です。純粋におかわり目当てでなく、美味しい唐揚げが食べたいと思ってるお客さんでも、その期待に応えてくれる!それほどロカボパパも断言できる美味さなんですよ。

ただ、いくら食べ放題!おかわり自由!フリーダム!な唐揚げでも、食べ残しをする自由はありませんので、くれぐれも食べられる量を頼んで、唐揚げを楽しんでください

そして、ご飯は食べないとはいえ、お蕎麦にも糖質が含まれてますし、唐揚げの衣にもカラッと揚がった薄い衣とはいえ、糖質なので、食べ過ぎには注意をして、無理のない範囲で楽しんでくださいね。

食べ放題唐揚げの注意点
1.食べられる量をオーダーして、食べ残しは絶対しない!
2.衣も糖質!さくっとしてても食べすぎには注意!
3.揚げ物は油もの!ロカボは適正糖質量を守れば、脂質を気にしなくてもよいという考え方ですが、それでも何事も摂りすぎはよくないので、注意しましょう。

ロカボパパのおススメは、やはり前日に筋トレをして、その日、タンパク質大目にいきないなぁって思っているロカバー、筋トレ野郎にはぜひこの唐揚げランチをお昼に摂ることをおススメします!

ということで、ぜひお近くにお寄りの際は、いってみてください!

店舗名:さがみ青山店
住所:〒107-0061 港区北青山2-3-1 シーアイプラザB1
電話・ FAX:03-3479-3910
営業時間:月~金曜11:00~22:00 土・日・祝日 休み

せば、まんず!

おまけ:ちなみにキャベツもおかわり自由と書きましたが、なぜか初回注文時には付いてこないドレッシングがおかわりをしたらついてきますので、おかわりキャベツ、ドレッシングないと食べれないよーって方も安心してバクバク食べれます。
(ただし、キャベツは糖質多い野菜でもあるので、こちらもきちんと考えて食べましょうね~。)