パクチーもパッポンカリーも食べ放題!恵比寿でロカボなタイビュッフェランチ – ラーチャプルック@恵比寿

よかったらシェアお願いします m(_ _ )m

スポンサーリンク

どうも、ロカボパパです。

タイ料理 ラーチャプルック 恵比寿 ランチビュッフェ

タイ料理、いいですよね~。好きなんですよ。

グリーンカレーに、トムヤムクン、ガパオにココナッツミルク。特にロカボパパが好きなのはココナッツミルク(または生クリーム)と卵のカレー炒めのパッポンカリーに、青菜の炒め物、そして何よりパクチー!

そんなタイ料理が食べ放題のランチビュッフェが、実は恵比寿にあるんですよ。仕事で恵比寿に行くとかはいつも行くお店。ランチ時は早めにいかないとすぐに混雑してしまうので、ほんとはあまり教えたくないんですが、美味しいし、ロカボランチにも良いので、ご紹介。

その名も、ラーチャプルック

こちら、タイ国政府認定レストランでもあるんですよね。タイ国政府のお墨付き!ってやつです。

ラーチャプルック@恵比寿の場所

まずは場所から。もう恵比寿の改札でて1分くらいで着いちゃいます。

JR恵比寿駅西口の改札をでて左に曲がり、最近できたシェイクシャック、猿田彦珈琲が入っているアトレ恵比寿の方へ歩いていき、焼き鳥やのたつや駅前店が入った道を行くと右手に見えてきます。

ラーチャプルック 住所:東京都渋谷区恵比寿南1-4-4 TIMEZONE小町ビル 3F

ランチビュッフェのメニュー

では早速ビュッフェのメニューを見ていきましょう~。キッチン手前にお料理が並べられていて、そこから自由にお皿を持ってお料理を取る感じです。

左からまずはタイ米カオマンガイとご飯ものが並んでいます。

タイ米、カオマンガイ 糖質制限 タイビュッフェ ラーチャプルックカオマンガイはタイのチキンライス

続いておかず類。これまた結構、種類が豊富。この写真には映ってないけど、左側にカレーが2種類とトムヤムクン。カレーは基本、グリーンカレーイエローもしくはレッドカレーの組み合わせ。このグリーンカレーとトムヤムクンも本格的。

トムヤムクンは酸味が結構効いた辛さでレモングラスなど香辛料もちゃんと入っていて、ヤバい美味さ。そんなにヒリヒリ辛いわけではないけど、入るところ間違えたら、ずっと咳き込んじゃうような酸味と辛さがあります。

そしてカレーの方もココナッツが十分に感じられ、グリーンカレーやイエロー、レッドカレーとご飯だけでも十分に元が取れるというか、満足いく味です。辛さはありますが、結構食べやすい味付けになってると思います。

そしてトムヤムクン、カレー類だけでなく、写真奥からガパオに野菜炒め、パッシーユ。そして手前にはパクチー、手羽先の唐揚げと胸肉の唐揚げ、そして野菜サラダが並んでいます。

ここで辛いものはガパオかなぁ。そのままでも十分美味しいですが、ロカボ的にはNGのご飯を少量盛った皿にガパオをぶっかけてガパオライスとして食べたい一品。

ガパオに野菜炒め、パッシーユ。そして手前にはパクチー、手羽先の唐揚げと胸肉の唐揚げ糖質制限 タイビュッフェ ラーチャプルック『パッシーユー』は醤油炒め。正確にはこのメニュー、『パッシーユー・センヤイ』と言って、太目の平打ちビーフン(センヤイ)を炒めたタイの定番屋台料理。タイの醤油をあちらでは「シーユー」と呼ぶそうです。

そしてマイラブ♡のパクチー。小皿にモリっと盛られており、なくなってたら、お皿をカウンターにあげると補充してくれます。パクチーは野菜サラダをはじめ、グリーンカレーや野菜炒めなどなんにでもかけて食べちゃいます

まさにパクパラ!パクチーパラダイス。糖質制限 タイビュッフェ ラーチャプルックこれだけで結構赤字じゃねーの?なんて思いますが…。

ちなみにパクチー好きが高じて、2年前にパクチーをベランダ菜園で育てたこともあります。ネットで種を購入して、育てたんですが、半分くらいかな、ちゃんと育ちましたので、結構簡単だったりします。大葉と一緒に植えましたが、大葉の方がめちゃくちゃよく成長して、その半分くらいパクチーは育ちました。

そんなモリモリ毎日でも食べたいそんな香草好き、パクラーには、種や苗から飼って育てるのをおススメします。そろそろ5月くらいに種を植えて夏が収穫時期だった記憶があるので、ぜひ試してみてください。

いやいや、そもそもベランダ狭いし、種から植えるの面倒くせーって人にお勧めしたいのが、こちらの『かけるパクチー』。これさえあれば、もうなんでもパクチー風味になります。

おススメは糖質0麺にレタスやトマトを入れ、最後にこの『かけるパクチー』、『ナンプラー』を入れると冷製パクチーサラダフォーの出来上がり。

さらにパクラーとしてお勧めしたいのが、カルディのパクチーポテトチップス。パクチーチップスってものによってはパクチー感弱すぎ!って商品多いんですが、これはもうパクチーの香りが鼻に抜けるくらい満足なパクチー商品。

好きなパクチーについて、熱く語りすぎてしまいました。ごめんなさい。

閑話休題、ラーチャプルックなんですが、実はこれらの写真で肝心のメニューを取り忘れてたんですよね。そう、冒頭でも言っていた、パッポンカリーなんですよ。ガイパッポンカリー(鶏肉とカレーの卵炒め)を食べるためにここに毎度来てると言っても過言ではないんだけど、この日は取り忘れたので、盛り付けした写真をのちほど見せます。

そしておかずだけではなく、飲み物も充実。ウーロン茶にオレンジジュース、カルピス、リンゴジュースにジャスミン茶。そしてコーヒーと充実してます。

やっぱジャスミン茶でしょう、食後もすっきり。糖質制限 タイビュッフェ ラーチャプルックロカボパパ的にはジャスミン茶を食事中は飲んで、食後はコーヒーって感じです。

盛り付け完了、いざっ実食!

今回はこんな感じで盛り付け。

とりあえずは糖質メインの主食以外は全部盛り付けしちゃいます。春雨サラダとかは普通に糖質あると思うけど…。

ラーチャプルックのパッポンカリー♡

こちらのお皿の右側が例のパッポンカリー。いや、これホントに卵がフワフワで美味しいんですよね。

基本ジャスミンライス、タイ米と一緒に食べたいものばかりなんだけど、ここは我慢してパッポンカリーのみで食べちゃいます。

ロカボ的にはご飯をたとえ抜いたとしても他のおかずも結構お砂糖使われてるんじゃねーの?って思うし、どうしても美味しいものをお代わりしちゃうんで、もうロカボランチでもないんだけどね。みなさんも食べ過ぎには気を付けましょう!

パッポンカリーも食べ放題!わーい!糖質制限 タイビュッフェ ラーチャプルック左に野菜炒め、右にパッポンカリー、奥にガパオ。その上からパクチー。

ラーチャプルックのグリーンカレー♡

そしてこちらがグリーンカレー

いやー、単なるスープじゃないぞ!ちゃんと具もたくさん入ってて香辛料もたっぷり、本格派なグリーンカレーです。

モノホンのグリーンカレー。レッドとイエローカレーとの食べ比べもよし。糖質制限 タイビュッフェ ラーチャプルック

カレーはこのグリーンカレーだけではないので、イエローカレー、もしくはレッドカレーなんかと食べ比べても面白いと思います。結構辛さや濃度なんかも違ったりします。個人的にはやっぱりグリーンカレーかなぁ。辛すぎず、甘すぎず、ちょうどいいバランス感が好きですね。具材も結構入ってるので、ぜひここに来たらグリーンカレーは抑えで食べてください。

ラーチャプルック その他のメニュー

こちらは別の日に行った際の盛り付け。ほら、ちゃんとご飯食べてない!他で糖質多めだと思うので、ご飯は食べたくても我慢してまっせ。

そしてこの写真では写ってない大好きなパッポンカリーはちょうど作ってる途中だったので、後程もちろんモリモリっと食べちゃいました。

そして紹介できなかったトムヤムクンはこんな感じです。

トムヤムクンも飲みます。糖質制限 タイビュッフェ ラーチャプルック奥に見える目玉焼きは必ず全員分、なぜか別で店員さんが運んできます。
ガパオライス用かと思うんですが、店長に訊いてみたところ、「ご自由に食べてください」とのこと。

そして、おかず類はこれだけでなく、春雨サラダに別の野菜サラダもあったし、タイ風のチャーハンもあるので、結構メニューも充実してて、飽きない。メニューは9割は固定かな。いつもパッポンカリーやグリーンカレー、パクチーなどあるので、そこが安心。

ラーチャプルックのスイーツ

そして、スイーツもあります。そうココナッツミルク。これも定番ですね~。ココナッツミルクだけでなく、その中にタピオカも入ってます。結構甘いので摂りすぎ注意ですね。

締めのタピオカ入りココナッツミルク。糖質制限 タイビュッフェ ラーチャプルックココナッツミルクは締めのデザート。

ロカボパパはこのココナッツミルク、結構甘いんだけど、食べてしまいます。罪深い気持ちを頭では感じながら、心は幸せに満ち溢れます…。

そしてちょっとココナッツミルクを食べたところで、ブラックのコーヒーの中に入れて混ぜて飲んじゃいます。結構コーヒー自体、濃い苦めなコーヒーなので、これでちょうどよい感じに。

ぶっちゃけタピオカも好きでダイエット、特にお通じにいいんじゃないかと以前、買ったことがあります。パールタピオカにカラフルないろんな色がついたタピオカを。でもね乾燥タピオカって煮つめて放置して、タピオカの芯から柔らかくするのに時間かかるんですよ。

ってことで、タピオカ好きにはこちらをおススメ。もう簡単。ブラックタピオカが冷凍されてて、

ラーチャプルック まとめ

もうかれこれ10回以上はランチで訪問してるラーチャプルック。

決して広いタイ料理屋さんではないんだけど、平日のランチ時には常に盛況で12時を過ぎちゃうと狭い入口で並ぶ羽目になるので、行くならぜひ12時前か、13時台がおススメ。ランチ営業も15時くらいまでやっているようなので、遅めのランチにもよいでしょう。

そして価格もランチは1200円とこのメニューの品ぞろえだといい感じのお値段じゃないでしょうか。(以前は実は1100円でしたが、昨年100円だけ値上げしちゃいました。)

ただ、ロカボパパのように食べ放題、ランチビュッフェで、「よ~し、今日は食べちゃうぞ~!」と腕まくりして鼻息荒くしながら、食べ過ぎないように注意しましょう。

あくまでもロカボは1食あたりの糖質量は40~60gに抑えながら『楽しく適正糖質!』が基本なので、そちらも意識しつつ、タイ料理を楽しんじゃいましょう。

ラーチャプルック お店情報

最後に、ラーチャプルックのお店詳細情報はこちら。

●店名:ラーチャプルック 恵比寿
●電話番号:050-3490-1170
●住所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿南1-4-4 Time Zone小町ビル3F
●アクセス:JR 恵比寿駅 徒歩2分、地下鉄日比谷線 恵比寿駅 徒歩2分
●営業時間:
月~金
・ランチ 11:30~15:30(L.O.15:00)
 ランチビュッフェ、ランチ食べ放題です。
 ディナー 17:00~24:00(L.O.23:00)
・土・日・祝
 ランチ 12:00~15:30(L.O.15:10)
 ランチビュッフェ
 ディナー 17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:無
●平均予算:3,000円(通常平均)

せば、恵比寿のタイ、ラーチャプルックで会いましょう~♪