ロカボな彼氏に贈りたい低糖質バレンタインチョコ5選

よかったらシェアお願いします m(_ _ )m

スポンサーリンク

みなさん、チョコレート好きですか?私は好きです。仕事の合間の間食にチョコって無性に食べたくなりますよね。ストレスなくなる感じだし、コーヒーにもよく合うし。

そんな男子がチョコレートをもらえる日、バレンタインデーまであと1か月となりましたが、最近チョコレートでも低糖質なチョコレートでかつ、いい感じのプレゼント用のチョコレートもたくさん見かけるようになりました。

今回はそんなバレンタインデーに向けて、ロカボな彼氏やパートナー、旦那さんに贈りたいチョコレートギフトを独断と偏見で楽天市場から探してみたので、紹介したいと思います。

1. モンサンクレール「低糖質テリーヌショコラ」

まずは辻口博啓氏がオーナーシェフを務める「モンサンクレール」のチョコレートからご紹介。

辻口シェフと言えば、以前森永の低糖質プリンを紹介した際に辻口シェフが監修していたのでお伝えしましたが、低糖質プリンだけではなく、さまざまなロカボスイーツの監修をしていますが、以前から辻口シェフは「モンサンクレール」という低糖質スイーツの専門ブランドを持っています。

森永 おいしい低糖質プリン ロカボなスイーツでゆるく糖質制限!
森永 おいしい低糖質プリン ロカボなスイーツでゆるく糖質制限!
寒い日が続きますが、いかがお過ごしですか。どうも、モテパパです。 この季節、食欲は増すばかり。そう、秋と言えば、読...

今回、そのモンサンクレールより、販売されるチョコレートスイーツは「低糖質テリーヌショコラ」です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モンサンクレール「低糖質テリーヌショコラ」
価格:2000円(税込、送料別) (2017/1/9時点)

写真をみただけでも濃厚さが伝わってきますが、このテリーヌショコラ、チョコレートがたっぷり入った生地を蒸し焼きにしたケーキだそうです。

モンサンクレールでは低糖質チョコレートとして、「ショコラユニバース」を使用しており、通常のテリーヌショコラと比較し、63%も糖質をカットしたものになっています。写真のテリーヌショコラ1本あたり28g。エリスリトールの糖質を除いた糖質量、ロカボ糖質量でいうと、7.67gとかなり抑えられています。

ロカボの考え方としては、間食に取れる糖質量の目安は10g。全然下回っています。そのあたり、辻口シェフはロカボの推奨に協力的でメディアにも出演されているため、きちんと理解しており自社の製品も忠実に糖質量を10g以下に抑えてますね。

モンサンクレールは東京の自由が丘に店舗を構えているようなので、ぜひネットだけではなく、店舗に行く機会があれば、行ってみて他の商品も味わってみたいと思います。

ちなみにこちら、先行販売が限定で200本だそうです。なくなってしまう前にぜひ!

2. LOW/S Chocolat(ロウエス ショコラ) 24粒入り

続いては、Dr’s Foodsという会社が出しているLOW/S Chocolat(ロウエス ショコラ)」です。

何で知ったかわかりませんが、ちょっと製法、そして糖質を抑えるための成分が他とちがってユニークだったので2番目に紹介。商品の見た感じはいわゆる生チョコレート。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「LOW/S Chocolat」(ロウエス ショコラ) 24粒入り
価格:2800円(税込、送料別) (2017/1/9時点)

何が違うのかというと、まずはその製法。実は洋菓子の製法ではなく、和菓子の羊羹を作る製法で作ってるのだそうです。

LOW/S Chocolatの繊細な口どけ、リッチな風味を実現したのは意外な製法でした。
なんと、一見洋菓子とは縁のなさそうな和菓子の「羊羹」をつくる製法が「低糖質・低カロリーとはとても思えない…」と驚くほどの本格生チョコを実現しています。職人が一つ一つ丹精を込めて手造りしお届けいたします。
引用: http://www.doctorsfoods.com/product/chocolat/

そして、その成分ですが、糖質量を抑えるために使われる定番の甘味料と言えば、エリスリトールですが、このロウエスショコラ、エリスリトールは使っておらず、他の甘味料で甘さは補いつつ、食物繊維として「イヌリン」を用いており、糖の吸収を抑えるように作っているのがポイント。

LOW/S Chocolatには一粒あたりわずか約0.7gの糖質しか使われておりません。
その秘密は植物性の食物繊維「イヌリン」。イヌリンは機能性表示食品として届け出中の素材で「血糖値上昇抑制機能」、「整腸機能」、「排便促進機能」が認められています。糖質制限中の方でも安心して食べていただけます。
引用: http://www.doctorsfoods.com/product/chocolat/

甘みを補うために使っている食品添加物は「大豆レシチン、香料、ショ糖脂肪酸エステル、グリセリン脂肪酸エステル、アセチル化アジ、ピン酸架橋デンプン、クエン酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム、セルロース、キサンタンガム、グワガム」といったものが含まれているため、どのくらいそれがスイーツらしい甘さを出してくれるのか、また体に悪いものでないのかはちょっと気になりますが、この見た目といい食物繊維といい、試してみたい一品です。

3. ショコラマダガスカル ファインダークチョコレート 100% 85g

バレンタインと言っても、なにもチョコレートケーキじゃなくてもよくて、純粋に普通のチョコレートっていうのもありでしょう。ということで、ここらでプレミアムチョコレートをご紹介。

それがショコラマダガスカルのファインダークチョコレートです。

チョコレートマニアもうならせた、ショコラマダガスカルのカカオ100%チョコレート『こんなに食べやすい100%は初めてだ』とチョコレート展示会でのマニアの方々が口をそろえて驚いていました。
引用: http://item.rakuten.co.jp/af-sq/g6014/?scid=af_pc_etc&sc2id=360005002

とページにも載ってますが、こちらの商品、苦くないマダガスカル産カカオを使っており、かなり食べやすいとのこと。酸味だけでなくナッツ感も少し感じられまた、多少の甘みを感じるのは、程よく発酵されているからだそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ショコラマダガスカル ファインダークチョコレート 100% 85g
価格:810円(税込、送料別) (2017/1/9時点)

残念ながら、糖質量についてはどこにも記載がないのでガチの糖質制限をしている方であれば、避けたほうがよいですが、ロカボな糖質制限であればダークチョコレートは試してみてもよいでしょう。

プレミアムチョコレート、高級チョコレートってもちろんバレンタインに向けて百貨店やデパート、ネット通販で並び、その年その年ごとに有名パティシエ、ショコラティエの作品を楽しめるのもよいですが、こういう飾らない普段使いのプレミアムチョコレートというのもバレンタインに限らずちょっとしたときに口に入れておく自分用のチョコレートとして持っておきたいですね。

4. Antidote chocolate(アンチドート)73%カカオ アーモンド+フェンネル

続いても高カカオチョコレートのAntidote chocolate(アンチドート)。こちらは種類も豊富で、カカオの含有量、100%、84%、77%、73%と4種類あるため、好みに応じて選べそうです。

もちろんカカオ100%であれば糖質量はかなり抑えられるのではないかと思います。

カカオ濃度とともに以下のようにフレーバーも8種類ほどあるみたいです。

創設者レッド・R・タルハマー(Red R. Thalhammer)はニューヨークに住むエキセントリックなチョコレート職人。オーストリア出身。健康に対する彼女の情熱、彼女の個人的な趣味、デザートが大好きな彼女の故郷オーストリアの食文化。それらが、この世でもっとも魅力的なスーパーフードであるカカオを使ったチョコレートに導きました。 ANTIDOTEのチョコレートは、エクアドルの人々によってやさしく扱われ、愛情をもって作られています。時間が止まったような南の国ののんびりとした生活、そのストレスが全くなく、ただただ平和な環境で良いエネルギーがチョコバーに注入されています。チョコバーは厳重な衛生管理の元、1つ1つ包装されています。

NYブルックリンからやってきた、エクアドル産アリバナショナル種の最高品質のオーガニックカカオ豆使用、乳製品不使用(ベジタリアン、乳製品アレルギー)、低糖質(糖質制限、ローカーボダイエット)、グルテンフリー対応の、究極のチョコレートです!
引用: http://item.rakuten.co.jp/sunday-brunch/antidote-73-a8/?scid=af_pc_etc&sc2id=360005027

こちらもバレンタインでなくても、自分用にちょっとバッグに忍ばせておいて小腹がすいたら食べたり、会社に置いといてひとかけら食べたりとちょっとおしゃれだし、いいですよね。できればロカボナッツと共にチョコもオフィスの引き出しに入れておきたいアイテムです。

またバレンタインというよりは、ちょっとしたお友達へのプレゼントにもパッケージがかわいいのもあるので、重宝しそうです。

ロカボによいミックスナッツの選び方
ロカボによいミックスナッツの選び方
ナッツ愛好家のロカボパパです。 以前書いたロカボナッツのレビューが好評だったので、それに続いて、今回は糖質制限やロ...

最後はちょっと番外編のこちら。

5. ゼロカロリーチョコようかん

ちょっと何言ってるかわからない(笑)ゼロカロリーチョコようかんって…。

もう見た目、羊羹にしかみえないので、頭の中でチョコレートの味に変換して想像できない自分がいますが、ちょっと面白いので、取り上げてみました。

原材料として、最初にエリスリトール、インゲン豆遷移、寒天とあるので、糖質量はまさに0

原材料:エリスリトール、いんげん豆繊維、寒天、ココアパウダー、セルロース、ゲル化剤(増粘多糖類)、香料、甘味料(ラカンカ抽出物、ソーマチン)
カロリー:(100g当り)熱量0kcal

寒天がベースになってるので、淡白な感じなのかなぁと思いますが、見た目も非常に美味しそうなので、かなり気になる一品。なによりも味がちょっと想像つかないので試してみたいですね。

またこちらのお店、このゼロカロリーチョコ羊羹だけでなく、「かぁさんの手作り糖質制限ロールケーキ」なるものも販売しているようです。

1カット分、2.35g!ラカントSを使って糖質を抑えているようです。

バレンタインにぴったりな低糖質チョコスイーツ まとめ

今回はバレンタインも近づいているので5つのチョコレートスイーツを紹介しました。

一押しはやはりロカボを理解している辻口シェフのモンサンクレール「低糖質テリーヌショコラ」ですが、楽天をいろいろ見てみるとチョコレートに限らずたくさん低糖質スイーツがあります。好みに応じて選んでみてはいかがでしょうか。

バレンタインに限らずちょっとしたプレゼントにもいいのではないでしょうか。

ってことで、せば、まんず。