【88サイクル春のカスタマイズ編1】パパチャリ コンテナボックスバージョン!

よかったらシェアお願いします m(_ _ )m

スポンサーリンク

どうも、ロカボパパです。

年度末とでも言いましょうか、単純にお仕事が忙しく、長らく皆さんの前にブログという形で登場できてませんでしたが、いかがお過ごしでしょうか。ロカボやってる!?

ロカボパパは、年末年始に増加した体重が、ようやく元に戻りつつあり、73キロ台(まだまだデブい)まで下がってきています。そして季節は春!自転車やランニングするのにちょうどいい天気になってきましたので、この減量ペースに拍車をかけるべく、さらに磨きをかけていきたいと思っています。

さてさて、今日はそんなロカボライフな話とちょっと脱線して『パパチャリ(88サイクル)』の話をしたいと思います。というのも検索結果の影響からなのか、春で需要が高いのか、ロカボ絡みでアクセスする人以上に、以前投稿したパパチャリ絡みの検索キーワードで当ブログのこの記事にアクセスする人が多いらしい。

ということで、今回はそのパパチャリの話題の中でも、カスタマイズ、改造について、ネタも増えつつあるので、ご紹介していこうかなと思います。

そう、今回はこちら!

パパチャリ(88サイクル)春のカスタマイズ編!

そう、春は新しい始まりの季節。うちの子供たちも進級したり、生活環境も変わったりして、新しい自転車を購入するだけでなく、ママチャリ、パパチャリを生活スタイル、子供の成長に合わせてカスタマイズ、改造する必要が出てきます。

今回は昨年2017年の8月に更新して以来、何度かライフスタイルによってカスタマイズしているパパチャリ号をご紹介したいと思います。

みなさんのライフスタイルや子供の成長に合わせてパパチャリを改造&カスタマイズしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

パパチャリカスタマイズ ダブルチャイルドシートバージョン

以前のパパチャリ紹介記事でお見せしたパパチャリがこちら。いわゆるチャイルドシート2台載せ!

チャイルドシートをフロント、リアの両方に搭載。

元のパパチャリがこちら。リアがかなり長くロングテールバイクに近いので後ろ乗せのチャイルドシートはなんなくつきます。ただ、キャリアの太さがあるため、物によっては、きちんとハマらない場合も。。

この場合、リアの後ろ乗せチャイルドシートとしては、ハマックスのチャイルドシートを採用。微妙に幅が合わずに、ちょっと強引に取り付けています。

というのもサドル下にチャイルドシートから伸びている鉄のバーをはめ込むマウントがあるんだけど、本来ならばそこに対してカチッというまではめ込まなければならないものの、そこまでいかない…。なので、力を込めてチャイルドシートを上に向かって抜けば外れちゃう状態。

試してみてないのでわからないけど、うちのママが使っているOGKの後ろ乗せチャイルドシートなら、取り付けできそうな気がします。少なくともハマックスよりも幅広な印象でした。

それと差し込み式ではなく、チャイルドシートの座面とリアキャリアを固定するタイプなので、幅さえ足りていれば簡単に装着できそう。

そんでもって、こちらがダブルチャイルドシート装着時の乗車イメージ。この写真自体、2年前の画像…。

ちなみにフロントの前乗せチャイルドシートは、以前も紹介したibertという商品。

緑色をマットなグリーンに塗装を施しました。

ちなみにこの塗装したiBert、もうすでに不用品となってしまったため、捨てるのに困って、メルカリにて出品しています。興味ある方、ぜひメルカリで「iBert」と検索してコメントください。ブログ見てる方には多少お安くします(笑)

パパチャリカスタマイズ リア積載バージョン

前回のパパチャリに関するブログでも紹介してますが、こちらはロングテールのリアキャリアにゴムバンド等で荷物を括り付けた際のイメージ。

ちょうどBBQに行く際の積載イメージです。よって、フロントチャイルドシートも子どもは乗せられず、荷物入れと化しています。

さらにこの木製の折り畳みテーブル椅子の上にBBQの食材である魚介類を積んでいます。

こういう時にハマックスのチャイルドシートであれば、チャイルドシート本体の取り外しが比較的容易にできるので、非常に便利です。その日だけ、必要に応じて取り外して、荷物を載せて括り付ける。BBQなどが終わったら、片づけて、ハマックスを再度取り付ける。

これが簡単にできちゃうのがいいところ。(ただ、上記のとおり、カチッとハマらない…。)

パパチャリカスタマイズ 大容量収納 コンテナボックス バージョン

さてさて、ここまでが前回まで紹介したパパチャリのカスタマイズでしたが、今回お見せする新たなカスタマイズバージョンがこちら。

長いリアキャリアの特徴を活かしたドデカいコンテナボックスを装着したバージョン!

今回はカーキの色に合わせて、緑のコンテナボックスを購入。これがかなり大き目なやつです。

今回購入したボックスはこちら。何がいいかって、別に取り立てて素晴らしいわけではないんだけど、折り畳み可能ってのがなかなかよい。特に畳むときってそんなないんだけど…。

ボックスを上から見た感じがこちら。

かなり大き目。リアキャリアを自転車のバスケットを止めたりする鉄板二つを使って止めただけというかなりシンプルな感じに。

さりげなくハワイのバイシクルタグなんかも装着しています。

サッカーボールとバレーボール1個ずつとミドルサイズのボストンバッグ、あと、ショルダーバッグなどが十分に入る感じ。

スーパーの袋だとギューギューに入れて、3袋くらい入るかな、約45リットルの容量です。

ということで今日はこの辺で。次回はまた新たなカスタマイズをご紹介します。

サイクルベースあさひのパパチャリ(88サイクル)とは?

サイクルベースあさひは楽天市場店、Yahooショッピングで購入することができます。

サイクルベースあさひはご存じのとおり、実店舗を持っているため、通常の通販で購入する自転車以上にきちんと総合保証サービスの「サイクルメイト」や3年間の盗難補償サービス、追加のメンテナンス等も受けられますし、サイクルベースあさひのオリジナル商品のため、修理などもしやすいのが売りでしょう。

もし近くにサイクルベースあさひの店舗があれば、あさひのサイトからでも購入できるし、購入前に一度店舗に問い合わせをして、在庫があるのであれば、試乗してみるのもおススメします。


サイクルベースあさひで購入の際は、分割金利手数料0円キャンペーン実施中!なおかつ20回払いまで金利手数料無料なので、ぜひ一括が難しい場合でも分割で購入してみてはいかがでしょうか。



次回は、ここからチャイルドシートを後ろに取り付けて、さらに前にバスケットをつけた、「パパチャリ リアチャイルドシート+前カゴ バージョン」をご紹介したいと思います。

お楽しみに~!ということで、せば、まんず!