暖かい春がはじめ時!自転車通勤&通学によるダイエットのススメ!

よかったらシェアお願いします m(_ _ )m

スポンサーリンク

いやー、もうすっかり春というか日によっては、日中はTシャツだけで過ごせるほど暖かい日がつづいてますが、いかがお過ごしでしょうか。どうもロカボパパです。

季節も春で何かを始めるいいタイミング?!ということで、今日は自転車通勤、自転車通学のススメをしたいと思います。

ロカボパパの通勤自転車「ラレー クラブスペシャル

自転車って、「ダイエットしたいけど、走ったり、疲れちゃうのはちょっと…」という方にこそ実はお勧めしたい!

ロカボパパは、今現在もたまに自転車通勤してます。自宅から会社まで片道20キロを、天気の良い日は走ってます。雨の日や風が強いとどうしてもしんどいので、電車通勤ですが、春はいいですよね。ほんとに暑すぎず、汗も気にならないので一番よい季節。

大体このくらいのペースで走ってます。

というわけで、今日は自転車通勤、自転車通学のススメ!について書いていきます。

自転車通勤、通学がよい3つの理由

その1.自転車はランニングより長続きしやすい。

まぁ当たり前っちゃ当たり前なんだけど、普段から運動をしていない人にとって、いくらダイエット目的でもランニングはちょっとしんどい。。。

無理しすぎちゃうと、足首や膝が痛くなるし、無理しちゃうと怪我にも繋がっちゃう。何よりしんどいので、1回、2回走れても、継続的に走るモチベーションがなかなか保てない。

その一方で自転車はまずランニングよりも疲れないんですよね。理由は、心肺能力だけではなく、足、そして腕を使う全身運動だからです。だから「とにかく心肺機能だけを酷使!」するわけでもないので、意外と長時間乗っても苦にならない。ランニングよりもはるかに楽で疲れない。

この「楽で疲れない」ってことは、つまり快適に走れるってこと。

それって意外と重要で、ジョギングやランニングで無理して走ったりすると、どうしても嫌な記憶が刷り込まれてしまい、「今日もランニング、嫌だなぁ」とか、「今日はしんどいから明日頑張ろう」と後回しにして、結局長く続かないんですよね。

自転車の場合は、そういったネガティブなシンドイなぁって思いや記憶ってランニングよりも少な目で(まぁ人それぞれですが、)また走ってみようって気持ちにさせてくれるんですよね。しかも通勤、通学に自転車を活用するとなると、基本、仕事や学校がある日は毎日自転車で走れる機会がある訳で、「空いた時間にランニング」、「朝早く起きてジョギング」、「仕事から帰ってきて夜ラン!」とは違い、移動手段として、自転車ダイエットはちょうどよいんです。

その2.全身運動なので適度にカラダ全体を引き締められる。

先ほどの理由1にもあるように、心肺機能だけではなく、足、そして腕の力が適度に使われるんです。

腕の力って必要?って思われるかもしれないけど、実は腕の力も重要。ハンドルを握った時に、特に横にまっすぐ伸びているようなクロスバイクタイプだとハンドルを引く力も必要だったりします。

そういう意味で、心肺機能、足、腕などバランスよく力を必要とし、どこか1つを酷使しないので、トータルで体を引き締められるのです。

先日、免許更新時に立ち寄った野川公園。

その中でも下半身、特に太もも部分は実は筋肉が必要。筋肉がつくことによって足が太くなるの嫌だなぁって思う人がいるかもしれないけど、自転車競技やレースをやる人でない限り、そんな心配は無用。

適度な自転車での運動、もしくは自転車通勤、通学くらいであれば、競輪選手の丸太のような太ももにはならないです、ってか無理です。

体の中では特に下半身、お尻から太ももが最も筋肉をつきやすい部分。つまりそこにある程度、筋肉がつくことによって、足の脂肪燃焼効率のアップ、そして全身の代謝促進にもつながるんです。

その3.行動範囲が広がり、いろんな街を楽しめる。

これもモチベーションにつながるんですが、自転車はやっぱり行動範囲が一気に広くなります。

もちろん電車でもいいんですが、一度電車を降りて、お目当てのお店に行って、ショッピングしたり、食事して、また帰るっていう感じでそれはそれでいいんです。それって駅周辺に限られるんですよね。

また都心以外の地方に住んでいる方であれば、車での通勤が普通なので、それはそれで元々行動範囲が広くていいんですが、東名阪など都心部に住んでいる方にとっては、なかなか寄り道もできない、しない、しづらい。できても大きな乗換駅、東京の山手線でいうと渋谷、新宿、池袋あたりが多いと思いますが、なかなかそこから広がらない。。

人によっては、家の最寄駅から会社の最寄駅の往復だけでほぼ毎日を過ごすなんてことも少なくないでしょう。

決まったお店で決まったことをするのもそれはそれでいいですし、否定をするつもりは決してありませんが、何を隠そう銭湯好きのパパはいろんな地域にある銭湯に足を運んでみたい!あそこのお風呂に浸かりたい!なんて思ってしまうので、帰宅途中にある銭湯を銭湯アプリなどで調べて、狙いを定めて行ってみたりするんですよね。

それが実に楽しい。

特に銭湯は駅からちょっと離れていたり、商店街を1本入ったところにひっそりとあることが多いので、自転車は非常に便利。そしてそのついでではないですが、街の雰囲気を味わったり、おもしろそうなお店を発見したりと行動範囲が広がるだけでなく、その街の良さを発見できるのも魅力の1つだったりします。

また通勤、通学に限らず、自転車を持つことで、特に子供がいる人にとっては大きな公園に行けたり、子供目的で行動範囲が広がるといったところも魅力だと思います。

ということで、ぜひ、この暖かくなったこの季節、みなさんも自転車のダイエットへの活用、そして自転車通勤、自転車通学をしてみてはいかがでしょうか?

次回、もしくは4月中にですね、用途に分けて自転車2台を使い分けるロカボパパがおススメする、目的別の自転車やおすすめショップについても書きたいと思います!お楽しみに。

ほいでは、せば、まんず。