【3月中旬~下旬】ロカボ・糖質制限ニュース Vol.2

よかったらシェアお願いします m(_ _ )m

スポンサーリンク

こんにちは、ロカボパパです。

あっという間に4月も半ばを過ぎてしまいました。早いですね~。3月後半に発表されたロカボ関連ニュースのまとめ、2本目、遅くなりましたが、早速確認できましたのでお届けしたいと思います。

それでは、いってみましょう!

● ロイヤルホスト、4月12日(水)よりグランドメニュー改訂 創業45周年、磨きをかけた豊富なラインアップ

いやー、最近ほんとにファミレスの低糖質メニューが増えてきてますね~。ロカボパパもガストやジョナサンのすかいらーくグループには息子が好きなので、よく行きますが、ロイホもついに低糖質メニューが加わりました。

4月12日(火)から、『新グランドメニュー』販売スタート
画像元:http://www.royalhost.jp/news/

ロイヤルホストは、多様な食事の楽しみ方の提案をするバラエティ溢れる新グランドメニューを2017年4月12日(水)より全国の店舗で販売開始いたします。この度の新グランドメニューでは、ロイヤルホストがこれまで取り組んできた各テーマをブラッシュアップし、豊富なラインアップをご提供いたします。

ロイヤルオリジナル低糖質パン新登場!健康においしさをプラスしたメニューの拡充
昨今の健康に配慮しつつ食事も楽しみたいというニーズの高まりを受け、ロイヤルグループベーカリー工場開発・製造のオリジナル「低糖質パン」の提供を開始し、セットでもお選びいただけます。また、十八穀米使用メニューも今回のメニュー改訂で2品から4品へ拡充し、「健康的に、おいしく楽しい食事」のニーズにお応えいたします。

引用元:https://digitalpr.jp/r/20932

ロイヤルホスト、4月12日(水)よりグランドメニュー改訂 創業45周年、磨きをかけた豊富なラインアップ | ロイヤルホールディングス株式会社
ロイヤルホスト、4月12日(水)よりグランドメニュー改訂 創業45周年、磨きをかけた豊富なラインアップ ロイヤルオリジナル低糖質パン、ブランチメニューの導入など食事を楽しむ時間の多様化ニーズに応えるメニューを提案

特に低糖質メニューのメインとしては、低糖質パンが挙げられます。こちら若干高めのお値段っていうか、ロイヤルホスト自体、先に挙げたガストだったり、デニーズなどよりも少しお高めなので、しょうがないですが…。

■低糖質パン
250円(税込270円) 164kcal
糖質9.3g パン1個(47g)あたり(バター除く) 表示値はサンプル品による分析値 当社「英国風パン」比較 糖質約50%OFF
大豆粉、ふすま等を使ったもっちりした噛み応え 食事パンとしてのおいしさを大切にしました。お得なお食事セットのライスをプラス50円(税込54円)で低糖質パンに替えられます。
※お得なお食事セットは300円(税込)以上のお食事をご注文の方へのお得なセットです。

ロイホと言えば、洋食、特にステーキのイメージが強いので、ぜひお肉料理と共にこの低糖質パンを楽しめればいいかと思います。

● すき家、「牛&こんにゃく麺」の低糖質な新メニュー

牛丼チェーンのすき家が新たな低糖質メニューを4/5から販売!

今まで、すき家では低糖質メニューとして、牛丼ライトがありました。お米の代わりに豆腐が入っており、生野菜がのっているやつですね。

これですね、牛丼ライト。


画像元:http://www.sukiya.jp/menu/in/gyudon/101200/

でもね、これ一度食べたことがあるんですが、微妙だったんですよ。豆腐が冷蔵保存してるため、冷たい上に生野菜、さらにそこに温かい牛肉が乗っかってて、複雑なんですよね~。豆腐が何よりも冷たくで歯が浮きそうだった記憶があります。ってか知覚過敏かよ!

ということで、食べたにもかかわらず紹介もできずにいたすき家に新たな低糖質メニューが!

photo

そんでもって、このロカボ牛麺、ロカボ牛ビビン麺ですが、ロカボのオフィシャルメニューということで、ロカボオフィシャルのマークを使いながら紹介されています。

牛丼チェーン「すき家」を運営するゼンショーホールディングス傘下のすき家本部は4月5日から、低糖質をコンセプトにした新商品「ロカボ牛麺」(税込490円)と「ロカボ牛ビビン麺」(同590円)を販売する。高まる健康志向のニーズに応え、新規ユーザーの獲得につなげる狙い。
引用元:http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1703/28/news104.html

すき家、「牛&こんにゃく麺」の低糖質な新メニュー
「すき家」は4月5日から、低糖質をコンセプトにした新商品「ロカボ牛麺」と「ロカボ牛ビビン麺」を販売する。糖質を看板商品「牛丼 並盛」の約5分の1に抑えたという。

こちらがそのロカボ牛麺、ロカボ牛ビビン麺です。

photo_20170328-1.png

ロカボ牛麺の方は写真を見ると肉うどんのような仕立てになってますね。やはりご飯というところが糖質が多めなので、その代わりに糖質0麺(米粉入りのコンニャク麺)のようなものを使用しているのだと思います。

・ロカボ牛麺 490円 一食あたりの糖質量22.0g

かつお、こんぶ、さばで出汁をとり、うまみをふんだんに使用したやさしい味わいのおつゆに、米粉入りのコンニャク麺がたっぷりの商品。
すき家自慢の牛肉、トッピングしたお揚げと揚げ玉のコクがおつゆに溶け込み、奥深い味わいです。誰もが一度は味わったことのあるような親しみを感じられる商品です。
引用:http://www.sukiya.jp/news/2017/03/20170328.html

こちら、すき家のオフィシャルサイトで見てみると、一食あたり、糖質量は22.0g。これなら、飲んだ後の酔い覚ましにもいいかもしれないですね~。ほとんどの店舗が24時間営業なので、それも嬉しい。

photo_20170328-2.png

そして、こちらがロカボ牛ビビン麺。ビビンパのようにこちらは汁がなく、ご飯の代わりに同じく米粉入りこんにゃく麺を使用している模様。

・ロカボ牛ビビン麺 590円 一食あたりの糖質量28.5g

ピリッとした辛さがクセになるねぎキムチと、たっぷりの野菜、すき家自慢の牛肉を豪快にまぜてお召しあがりください。
コチュジャンダレを入れることでさらに旨辛な味わいになりクセになる一品。コンニャク麺のモチモチや、野菜のシャキシャキ感など、さまざまな食感も楽しめます。
引用:http://www.sukiya.jp/news/2017/03/20170328.html

どちらかというとロカボ牛ビビン麺の方が、お値段、糖質量もそうですが、がっつりした感じがありますね。辛いものが好きな人はこちらを主食として頼んでもいいと思います。

地元の駅にもあるので、こっちを今日は食べてみようかなぁ~。

ってかこれなら牛丼の具を紀文の糖質0麺の上に乗っけて、温玉、ネギなんかを散らしたら、オリジナルロカボ牛麺が作れそうですね。

※ちなみにロカボパパは松屋派です。

● プロテイン5000mg配合 噂の「飲むライザップ」を飲んでみた

3月になにかと話題になったライザップのプロテインドリンク。こちら単純にプロテインが多く含まれてるよ!ってだけでなく低糖質というところが売りな商品でもありました。

メジャーリーガーのダルビッシュがたんぱく質、5000㎎=5gって…といったようなツイートをTwitter上でしていたことも話題になりました。

そんなライザップのプロテインドリンクを飲んだレビューをこちらの記事で書かれています。

画像元:http://ascii.jp/elem/000/001/458/1458783/

プロテイン5000mg配合 噂の「飲むライザップ」を飲んでみた
プロテイン配合の「キリン ライザップ プロテインボトル」が3月28日新発売。日常の軽い運動後に、ということ。気になるので飲む!

キリンビバレッジとRIZAPが共同開発した「飲むRIZAP」が登場。プロテイン5g配合。5gって多いのか、少ないのか。とにかく気になったから飲む。

たんぱく質が5gってやっぱり数値的には物足りない。しかもそのトレーニング後の1回の摂取で20-30gなど、人によっては様々ですが、そのくらいを意識して取っているため、5gって。。。ってなるのもうなづけます。しかもそれを5gと表記せず、5000㎎と表記しているところに、無知な人に付け込んだ誇大広告のような印象を受けちゃいますね。

まぁそんなタンパク質量もさることながら、味はどうなの?って話。

プロテイン5g配合で、成分表を見るとタンパク質が5g含まれていますが、これが多いか少ないかで一部では話題になっていました。確かに、キッコーマンの「調整豆乳」の定番のものだと1本(200ml)で7.7gのタンパク質が含まれます。

あくまで「日常の軽い運動後」のシーンを想定しているようで、本格的に筋肉強化のトレーニングをしている人向けの飲料ではないのですね。

味はカルピスの桃風味といった感じで、甘さは控えめでさっぱり。とても飲みやすいです。プロテインって飲んだことある人はわかると思うのですが、飲みやすいものではけしてないのですよね。プロテイン自体に味がないので、記者はジュース混ぜてなんとか飲んだ記憶がありますが、その体験をふまえるとプロテインを含んでいるのにこの飲みやすさは拍子抜けでした。RIZAPだから、というのではなくても飲んでいいなと思いました。
引用:http://ascii.jp/elem/000/001/458/1458783/

最終的には筆者は味は「カルピスの桃風味」、そしてプロテインとしては飲みやすいと結論付けてますが、もしほんとにプロテイン目当てで飲むのであれば、DNSのプロテインドリンク一択でしょう。

もしくはスポーツ後にさっぱりした低糖質飲料を飲みたいということであれば、カルピスオアシスがおススメでしょう。こちらは本場のカルピスの製品でもあるので。

はたまた脂肪を減らしたいと言った目的であれば、先日発売になったカラダカルピスでしょう。

乳酸菌で体脂肪が減っちゃう?カラダカルピスは買いか否か?!
乳酸菌で体脂肪が減っちゃう?カラダカルピスは買いか否か?!
どうも、ロカボパパです。 今日は、この4月に発売となった乳酸菌で体脂肪を減らせる話題の商品、アサヒ飲料のカラダカル...

目的や用途によって、それに適した商品の選択肢はたくさんあるので、そういう意味ではライザップのプロテインドリンクは、まだ飲んではないですが、ちょっと中途半端な印象を持ちますね。

● 低糖質&低カロなのに濃厚!ファミマ「RIZAP 白いチーズクリームの生パスタ」がおいしい

今回のブログ記事のニュースの中ではキョウイチでロカボパパが最も気になっているニュースがこちら。

だって、今日だって、ランチでこれ食べてみよう!って意気込んでましたが、会社近くのファミマでは売り切れでこちらを食べる結果に。

こちらが、その噂の「RIZAP 白いチーズクリームの生パスタ」。

ファミマ「RIZAP 白いチーズクリームの生パスタ」画像元:https://entabe.jp/news/gourmet/16077/famima-rizap-cheese-pasta

見た感じ、美味しそうなんです。実物も購入しようと思っていなかった時にちらっと見ましたが、なんともおいしそうだし、ガッツリ食べられ満足度も高そうな見た目をしていました。

低糖質&低カロなのに濃厚!ファミマ「RIZAP 白いチーズクリームの生パスタ」がおいしい [えん食べ]
ファミマとライザップのコラボ商品「RIZAP 白いチーズクリームの生パスタ」を食べてみました。

ファミリーマートとライザップがコラボレーションした商品「RIZAP 白いチーズクリームの生パスタ」が3月28日よりファミマ各店(北海道と一部の店舗をのぞく)で販売されています。価格は410円(税込)。

麺部分の糖質量を通常パスタに比べ約45%カットした商品。1食につき糖質は30.2g、カロリーは367kcalと、パスタとしてはいずれも低めに設定されています。
引用元:https://entabe.jp/news/gourmet/16077/famima-rizap-cheese-pasta

こちら、通常の糖質量の45%オフで糖質量は30.2gとパスタにしてはかなり頑張った感じ!しかもお値段もコンビニのパスタとしては普通のパスタの値段と変わらない金額、410円

平日のランチ時、今までコンビニで低糖質メニューってほんとに少なくて、おでんやレジ横にあるホットスナック系のものが多かったんですが、ローソンにファミマにいろいろ低糖質商品を扱うようになって、これでコンビニも低糖質なロカボランチの選択肢になりえるんじゃないでしょうか。

早めに食べてレビューをしてみたいと思います!

● カレーで糖質制限!?大ブームのジム飯「カレグラ」レシピを公開

こちらも確か以前にネタにした話。低糖質で高たんぱくなジム飯を提供するBROS TOKYOではカルビーの低糖質フルーツグラノーラ「フルグラ 糖質25%オフ」に特製カレーをかけた「カレグラ」の提供に関するニュース。

カレグラ画像元:https://joshi-spa.jp/675395

こちらの記事では、フルグラ 糖質25%オフにカレーをかけた「カレグラ」の紹介だけでなく、レシピも合わせて紹介していたので、今回改めて紹介したいと思います。

カルビーの「フルグラ 糖質25%オフ」に特製カレーをかけた「カレグラ」は糖質制限と低GI値に着目したメニューで、1人前(約250g)の糖質量が40g。通常のカレーライス(ルー100g+白米150g)はルーの種類にもよりますが、ルーと白米を合わせると糖質が約163.2gにも上ります。(参考:食品成分データベースの「ゴーゴーカレー」より)

カレーで糖質制限!?大ブームのジム飯「カレグラ」レシピを公開 | 女子SPA!
トレーニングジムが提供する、食べて痩せる「ジム飯」を皆さんご存知ですか?運動のプロと食事のプロがタッグを組んで作るジム飯は、低カロリーなだけではなく、血糖値の急激な上昇を防ぐ低GI値、糖質制限、&

こちらがカレグラの作り方。材料については、サイトをご覧ください。

【作り方】
1)フライパンにオリーブオイル(大匙1)を入れ、1センチ角に切った玉ねぎを弱火で薄茶色になるまで炒める。
2)塩コショウで下味をつけた鶏むね肉を入れ、一緒に炒める。
3)むね肉に軽く色がついたらオリーブオイル(大匙2)を足してその他の野菜(全て1センチ角)を入れ炒め、皿などに出しておく。
4)フライパンにオリーブオイル(大匙2)とみじん切りにしたにんにく、すりおろしたショウガを入れ、焦がさないように炒める。
5)半量の香辛料・ローリエを入れて弱火で2~3分炒める。
6)先に炒めた野菜と肉、水、トマト缶、ヨーグルトを入れ15分ほど煮込む。
7)残りの香辛料、ケチャップ、ウスターソース、はちみつを入れ10分煮る。
8)お皿にフルグラ50gとカレーを盛って完成。

普通のカレーって163.2gの糖質量が含まれているようですが、こちらはなんと40g以下に抑えられているそうです。

フルグラの糖質25%オフはまだ食べたことないですが、あれって甘いよね、普通に。その甘いフルグラにカレーのルーをかけるのはどうかと思いますが、ちょっと試してみたい気もあるので、今度試したらご紹介したいと思います。

ってか、低糖質のカレールーってあるのでしょうかね~。カレー粉から作らないといけないのかなぁ。

今日はこんなところで!4月も続々と話題の低糖質、ロカボニュースが発表されてますので、また近々、更新しないとっ!

せば、まんず!